不織布と紙袋、オリジナル手提げ袋にはどちらがいいの?

企業様がオリジナル手提げ袋を作る際には大きく「不織布」と「紙袋」の2つの選択肢があると思います。紙袋メーカーでもある井上工業所が双方のメリットデメリットを徹底検証しますので商品の選択にお役立てください。→紙袋オーダーはこちら

不織布と紙袋との比較検証

紙袋と不織布の手提げ袋はどちらも企業の広告、展示会、学校のオープンキャンパス用、ショッピングバックなどで使用されています。
紙袋も不織布の手提げ袋も大量に生産することができ、価格的にも安価です。

また、不織布の手提げ袋は布のような風合いや手触りですが、布よりも経済的です。
紙袋も不織布手提げ袋のどちらも環境問題に適した素材を使用しいています。

紙袋も不織布手提げ袋のどちらもロゴやデザインを印刷していただけますが、不織布は表面に凸凹があるために細かな印刷には適していないので、1~2色の印刷が大半を占めています。しかし、紙袋は素材が紙なのでインクの付きが良く印刷に適しています。

したがって、印刷デザインを重視したい場合は、紙袋が適しています。
紙袋は素材が紙のため、ある程度の耐久性はありますが、穴が開いたり破れたりします。

また、水がかかってしまうと、強度が極端に落ちてしまいます。
しかし、不織布バックは水がかかった程度で強度が変わることはありません。軽量で耐久性や通気性に優れているので、スーパーなどでマイバックやクリーニング店の持ち帰り袋として使用されています。

紙袋ならではのメリット

紙袋は中身が透けにくく、中身が見えないのでプレゼント等に使用されたり、ショップ袋に使用されています。
強度が心配な場合は、厚手の紙にUV加工やビニール加工すると、強度が増して丈夫な紙袋になります。
紙袋の持ち手の部分も紙袋のデザインに合わせて、持ち手のカラーや素材なども選んでいただけます。
素材は、紙、PPロープ、プラスチック製(ハッピータック)、アクリル性、布製と種類も多数あるので、用途やデザインによって考慮することができます。

また、印刷を重視して色合いにこだわるなら、紙袋が適しています。
デザインにあわせて特殊印刷、フルカラー印刷、型押し、など印刷加工の種類も多数あります。
紙質、印刷、加工のやり方によって仕上がりが選べます。

不織布の手提げ袋ならではのメリット

不織布の手提げ袋の製作はやはり価格面でのメリットは見逃せません。
大量生産が可能なので格安な価格で作成できます。
不織布バッグの生地はランダムに糸を重ねて形成するために、縦横方向を持たないので、裁断部分からほつれることがありません。

そして、耐久性や通気性に優れていますし、汚れにも強く水がかかつても強度は変わらないので、天候に左右されることなく使用していただけます。

そして、紙袋では作るのが難しいトートバッグ型を作ることができます。
マチが深くて色々なものが入れられるトートバッグ型はカジュアルで人気あります。
また、不織布の手提げ袋は軽量で小さく折りたためばカバンに入れることもできるので、携帯用にも便利です。
外出先で急に荷物が増えた時や、仕事で書類を持ち帰らなくてはならなくなった場合などに非常に便利で、耐久性に優れているため何度も使用していただけます。
サブバッグとして持ち歩いていただけたら、広告効果も期待することができます。

まとめ

近年は環境問題への対策を考えるお店や企業が増えています。
紙袋や不織布の手提げ袋は、有毒ガスの発生が少ない素材、原料を使用しています。
また、紙袋も不織布手提げ袋のどちらも、大量に生産することができるため価格も安価です。
カラーでの印刷は不織布バッグと紙袋と比べると細かな線でデザインされた部分はインクが乗りにくい場合がありますが、紙袋は細かな線でデザインされた部分でも、インクが乗ります。
不織布バッグはマチがあるタイプとマチがないタイプの2種類作ることができます。

また、紙袋では作ることが難しいトートバッグ型を作ることができます。
そして、強度は紙袋よりも不織布手提げ袋の方が優れています。
軽量で小さく折りたためば、カバンに入れることができ、耐久性があるので何度でも使用していただけます。
使用用途に応じて紙袋か不織布手提げ袋のどちらを選択することができます。

関連コンテンツ

平袋タイプはこちら

トートタイプはこちら

角底マチ(箱型)タイプはこちら